不登校から通信制高校へ進学

中学生では不登校を体験。
けれども、学ぶ事が好きだから、通信制高校へ進みたい。
不登校を経験して、通信制高校を選択する人も居ます。

一般的に高校は全日制か定時制、そして通信制の高校が有ります。
学校で勉強を行うのが、全日制と定時制。
対して通信制高校は、自宅がメインで高校卒業資格を手に入れることが出来ます。

不登校のお子さんでも、気軽に勉強を行う事が出来ます。
そのメリットも見てみましょう。
一つは自分のペースで、学習が出来ると言う事。

同じクラスの友達と、比較される事も有りません。
集団行動が苦手なお子さんでも、個人のペースで前に進む事が出来ます。

また一般的な学校と違って、単位制なので、留年する必要が有りません。
卒業までに74単位程を取得すれば良いので、自分のペースを守って勉強を行う事が出来ます。

気になる登校も、月に1回か2回で大丈夫。
毎日通う全日制の学校を考えると、圧倒的に少ない数字です。
通っている人は同世代で無く、年齢層も幅広いので、広い付き合いをする事が出来ます。